この業種なら儲かっちゃうかも?低資金で開業OKなフランチャイズを大調査!

成功へのカギは業界選びから 人気のフランチャイズ業界ランキング
低資金で開業できるフランチャイズ大特集 » 資金予算別・あなたにぴったりの開業 » 300万円~500万円

300万円~500万円

300万円~500万円で開業できる業種

こちらのページでは、300万円からの資金で開業する方法とおすすめの業者をピックアップしています。300万円~500万円での開業は低資金開業のなかでも中堅どころ。ある程度のまとまった資金が必要になる代わりに、起業・経営に関するサポートや保証がしっかりしているのが特徴で、店舗継続率も高めの業種が多いです。代表的なものとして、買取業界、美容サロン業界などが挙げられます。

買取業界

初年度コスト300万~650万

買取業界といえば、店舗の入りづらさや敷居の高さ、金額設定の不明瞭さなどのマイナスイメージがあるため、知名度が高くブランド力のあるフランチャイズに加盟して、店舗を経営するほうが圧倒的に有利です。

また、フランチャイズに加盟すると、商品を店頭に置かなくても良いため、小さな店舗で始めることができ、防犯面の不安もありません。そのため、買取を行っている店舗のフランチャイズ加盟は年々増加傾向にあります。サポートが厚いフランチャイズ形態を選択することが、長く安定した経営を続けるコツと言えるでしょう。

必要なスキル

買取業を行うためには、古物営業法に基づいて「古物商許可」を申請しなければなりません。古物商許可は、最終的には各都道府県の公安委員会によって認定されますが、店舗があるエリアを管轄している警察署の、防犯係に行けば申請できます。

その他、品物の買取価格を決める「目利き」のための知識と経験が必要です。ですが、フランチャイズ形態であれば、商品によって買取金額があらかじめ設定されていることがほとんどで、目利きのための研修も行われています。

メリット・デメリット

メリット

デメリット

サポート体制

こんな人に最適

美容サロン業界

美容サロン業界のネックと言えば、初期費用が高額になりやすいという点です。施術内容にもよりますが、専用の機械や設備を整えなければならないため、場合によってはかなりの予算が必要となります。また、人が多く集まる場所に店舗が集まることが多いため、近隣に競合店がひしめく中で経営をしなければならない可能性もあります。

必要なスキル

提供する技術に合わせて資格や免許が必要となります。ヘアサロンを経営するなら「美容師免許」、マッサージサロンなら「あん摩マッサージ指圧師」などの国家資格が必要です。

ネイルサロンであれば免許は必要ありませんが、「JNECネイリスト技能検定」「INAネイルスペシャリスト技能検定」などの資格を取得しておけば、サービスの質が向上し、利用者からの信頼度も自ずと高くなります。

これらの免許や資格は提供する技術に関するものですが、その他、経営、税金、保険、労務などに関する知識も必要になるため、経営者としての学習も必要です。ただし、フランチャイズに加盟すれば、これらの経営面の負担はかなり軽減されるでしょう。

メリット・デメリット

メリット

デメリット

サポート体制

こんな人に最適

予算資金別にフランチャイズ業界を見る>>

フランチャイズ人気業界ランキング あなたにぴったりのフランチャイズ
業界診断
成功へのカギは業界選びから 人気のフランチャイズ業界ランキング