この業種なら儲かっちゃうかも?低資金で開業OKなフランチャイズを大調査!

成功へのカギは業界選びから 人気のフランチャイズ業界ランキング
低資金で開業できるフランチャイズ大特集 » 自宅で経営?個人事業開業で成功するには » 個人事業を始めるには

個人事業を始めるには

立場が変わることでお金のやり取りも変わる

個人事業主として独立するということは、社会的立場も収入もガラリと変わってきます。会社員とは細かいところから対応が違ってくるので、会社員という立場を利用してできることはやっておきます。その筆頭としていえるのが、金融関連やクレジットカードなどです。

個人事業主になると信用度がガクンと下がります。住宅ローンの借り入れや乗り換えを考えているなら、会社員のうちにやっておきましょう。また、急なお金が必要になったときや、手元に現金がないときにあると便利なクレジットカードも、持っていない場合は作っておきます。できれば、1枚よりも2枚あった方がいいでしょう。個人事業主になってからではローンの申し込みは厳しいですし、クレジットカードも審査が通りにくくなります。

また、ある程度の現金を確保しておくのは絶対です。半年は収入がなくても暮らせるぐらいのお金はあった方がいいですね。もちろん、現金収入はどれくらい見込みがあり、マイナス分はどれくらい発生するか…いろいろとシミュレーションをして対応できるようにしておきます。生活費、収入面だけでなく税金も忘れずに計算。住民税の支払いはもちろん、健康保険は会社負担分がないので負担が増えます。

経営にまつわる税金対策を知っておく

個人事業主になると、確定申告を自分でやらなければいけなくなります。その際、経費という形で納税分を低くすることができます。例えば、個人事業主として独立するまでにかかった準備費用は開業費に、自宅をオフィスとして使う場合は家賃や光熱費の一部を事業費用として申告することで税金を安くすることができます。

個人事業主としての出費・支出が、税務署から認めてもらえるかどうか…このボーダーラインを知っておくと、税金を払いすぎることなく上手に節税して利益を増やすことができるのです。

初めての独立は後ろ盾があったほうがいい

個人事業主になると、これまで会社がやってくれていたあらゆる手続きを自分でやらなくてはいけなくなります。初めてのときは分からないことばかりで、うっかり忘れてしまうこともあるでしょう。すべてが手探り状態であるからこそ、もっと上手な方法があるのに知らないで損をしてしまうことも。

個人事業主として独立したばかりの頃はお金がいろいろとかかりますから、カットできるところは上手にカットしたいもの。慣れないときは最初から一人でやるのではなく、頼れる存在があると慌てずにすみます。アドバイスや相談に乗ってもらえることもできる、フランチャイズ加盟などは安心ですね。

個人事業についての各情報はこちら>>

フランチャイズ人気業界ランキング あなたにぴったりのフランチャイズ
業界診断
成功へのカギは業界選びから 人気のフランチャイズ業界ランキング