この業種なら儲かっちゃうかも?低資金で開業OKなフランチャイズを大調査!

成功へのカギは業界選びから 人気のフランチャイズ業界ランキング
低資金で開業できるフランチャイズ大特集 » 自宅で経営?個人事業開業で成功するには » 個人事業の手続き

個人事業の手続き

まずは開業届を提出!

個人事業主として独立する場合、管轄の税務署に「個人事業の開業・廃業等届出書」を提出します。これはネットからもダウンロード可能。基本的には難しい記入箇所はないのですが、強いていえば「屋号(会社名)」で迷うことも。空欄でも問題ないので、まだ決まっていない場合は空欄にしておきます。

この開業届と一緒に、青色申告承認申請書(ネットからダウンロード可能)も忘れずに提出します。青色申告(+複式簿記)をすることで、最大で65万の控除が受けられるだけでなく、損失の繰り越しが認められるなどのメリットも。ただ、確定申告の記帳が面倒といったデメリットがあり、控除をあきらめる代わりに簡単な手続きで済む白色申告をあえて選ぶ人もいます。

年に一度の確定申告

個人事業主になると、毎年必ず確定申告をおこなわなくてはいけません。手続き期間は2月16日から3月15日(15日が土・日の場合は次の月曜日)ですが、領収書や請求書などが必要になるので、日ごろからこまめに整理して帳簿をつけておくと楽です。とはいえ、帳簿をつける作業は簿記の仕事をしていない限り馴染みがないでしょう。全く分からなくて不安な場合は、会計ソフトを使うという手もあります。

また、確定申告では所得税についても自分で計算して納めます。所得税とは、1年間の収入(売上)から経費や所得控除を差し引いた課税所得にかけられる税金です。課税所得によって税率が異なり、控除額にも差がでてきます。個人事業主に関係が深い所得控除といえば、医療費控除や社会保険料控除、小規模企業共済掛金控除、配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除、基礎控除などです。

進化している確定申告

現在はマイナンバー制度を利用してスムーズに処理をおこなう方法や、税務署に行かなくてもオンライン上から申告できる「e-Tax」など、確定申告も時代に合わせて進化しています。

平成29年度分の確定申告からは、医療費控除の特例であるセルフメディケーション税制も選択できるようになっています。時代の流れに合わせたシステム変更もあるので、そうした情報収集もしておかないと損してしまうことも。

こうした税金については、ある程度の理解が必要となります。最初はよく知っている人から教えてもらうのが一番安心。ノウハウを教えてくれる、サポート体制が整っているところからやり方を学んでいくのが一番の近道といえます。

個人事業についての各情報はこちら>>

フランチャイズ人気業界ランキング あなたにぴったりのフランチャイズ
業界診断
成功へのカギは業界選びから 人気のフランチャイズ業界ランキング