この業種なら儲かっちゃうかも?低資金で開業OKなフランチャイズを大調査!

成功へのカギは業界選びから 人気のフランチャイズ業界ランキング
低資金で開業できるフランチャイズ大特集 » 自宅で経営?個人事業開業で成功するには » 個人事業主の生活

個人事業主の生活

個人事業を起業した場合の生活は?

時間・資産の使い方、経営方針など、すべてを自分で決める必要がある個人事業主の生活。悠々自適?先行き不安?などなど、個人事業主の生活に対する疑問にお答えします。

良くも悪くもすべてが自分中心

会社員から個人事業主へと転換すると、先行きの不安はあるものの、まずは誰もが解放感を実感するでしょう。誰からも縛られることなく、自由に自分の思うように仕事ができる…それは個人事業主であるがゆえのメリットです。

もちろんその中で生活も大きく変わるでしょう。職種によって一概にはいえませんが、それまでサラリーマンだった人の例を挙げていえば、毎朝の電車やバスによる通勤ラッシュとは無縁になります。自分の好きな時間に仕事をすることが可能ですから、自分にとって最も効率の良い方法を見つけることができます。

仕事の場所も変わり、自宅や事務所、人によってはカフェスペースが仕事場になるかもしれません。会社勤めであれば同僚に合わせた空間で、それが居心地が良いのであればいいですが、ほとんどがなんらかのストレスを受けている状態です。仕事帰りにぐったりしてしまうことも少なくないもの。それが、個人事業主では自分に合わせて快適な仕事環境が作れるのですからまさに天国です。

仕事時間や休暇についても、よりフレキシブルに調整できるようになります。従業員がいない限り、他の誰かに迷惑をかけることもほとんどありません。職種や状況にはよるものの、会社員より自由に休みが取れるようになるでしょう。

自由ゆえの不安定さもある

会社員と個人事業主では生活がガラリと変わることになります。会社でわずらわしい人間関係に悩まされていた人などは、ストレスからの解放もあるでしょう。ただ、収入面や保険、福利厚生といった面で、会社員にはない不安を抱えることにもなります。自由と引き換えに生活の保証がなくなってしまうのです。

国民健康保険や法人の生命保険などに加入することでそうした不安を軽減することはできますが、いざというときに自分しか頼りにできず、後ろ盾がないというのはなかなか心細いものです。

とはいえ、個人事業主でもバックアップを得る方法はあります。フランチャイズ加盟などはその代表的なものであり、加盟することでさまざまなサポートを受けることができます。一人でやるのは不安、でもオーナーとしての仕事をしてみたいという場合には、フランチャイザーという味方を作るのが良い選択かもしれません。後ろ盾があることで企業のノウハウやネームバリューを獲得でき、まったく未経験で起業するよりもはるかに大きなアドバンテージを得られ、生活にも余裕が出てきます。

個人事業についての各情報はこちら>>

フランチャイズ人気業界ランキング あなたにぴったりのフランチャイズ
業界診断
成功へのカギは業界選びから 人気のフランチャイズ業界ランキング