この業種なら儲かっちゃうかも?低資金で開業OKなフランチャイズを大調査!

成功へのカギは業界選びから 人気のフランチャイズ業界ランキング
低資金で開業できるフランチャイズ大特集 » 自宅で経営?個人事業開業で成功するには » 個人事業者向け フランチャイズで開業後によくあるトラブルと解決策

個人事業者向け フランチャイズで開業後によくあるトラブルと解決策

人間関係のトラブルと対策方法

フランチャイズで個人事業主として開業すると、家族関係や友人関係など人間関係でトラブルに直面する方が少なくありません。こうした仕事が絡んだプライベートでのトラブルは精神的にもダメージが大きく、事業を続けていくためのモチベーションが削がれてしまうこともあるので、事前の対策が重要です。

家族関係の変化

フランチャイズで開業すると、会社に勤めていた頃と比べると生活が不規則になり、休日が予定通りにとれないこともしばしばです。特に開業して最初の頃は慣れない作業も多く、仕事に時間を割かれることが少なくありません。すると、家族との関係が崩れてしまいがちになります。

対策として、開業する前にしっかりと家族に事業内容を説明しておくことが重要です。どういった業務体系になるのか、どんな協力が必要になるのかを理解してもらいましょう。初めてのフランチャイズでの開業において、家族のサポートは成功のための重要なポイントといえます。できる限りの情報を事前から共有して、安心してもらってから開業するようにしましょう。

交友関係の変化

開業初期の頃は特に業務時間も不規則になるため、これまでのように会社勤めの友人たちと気軽に飲みに行くような時間もなかなか取れないことが多いです。そうすると仲の良かった友人たちと疎遠になってしまうことがよくあります。

対策としては、もちろんこれまでの友人たちと良い関係を保つためにまめに連絡を取ることもできます。また、フランチャイズで開業したなら、同じフランチャイザーで開業している経営者たちと交友関係を築くこともおすすめです。同じ経営者同士で共通の悩みは多いですし、すでに経験のある人達から経営を成功させるためのアドバイスを受けられることもあります。

経営のトラブルと対策方法

大きな希望を抱いて開業しても、経営が上手くいかなければ廃業しなければならなくなります。多くの負債をかかえてしまう可能性もあります。そのため経営のトラブルにどう対処するか、しっかりと事前に考えておきましょう。

売上が予測に達しない

ほとんどのフランチャイザーでは、開業したらどれくらいの売上が見込めるのか「売上予測」を準備しています。ただし、いざ開業してみたらその売上予測に実際の売上が達しないというトラブルが少なくありません。中小企業庁のパンフレットでも、フランチャイズ加盟に伴うトラブルの例として一番最初に取り上げられています。

  • 参考:中小企業庁フランチャイズ事業を始めるにあたって(PDF)
  • 対策としては、売上予測を鵜呑みにしてしまうのではなく、自分でも出店予定地の立地条件や周りのライバル店となるお店の客入りの様子を確認することができます。フランチャイズであっても、経営者として当然リスクは負わなければなりません。そのため売上予測に満たなかった場合の経営改善の方法についても、フランチャイザーとしっかりと開業前に納得いくまで相談しておくことが重要です。

    資金が回らくなる

    思ったように売上が伸びず、開業資金のための借金の返済と重なって資金繰りが難しくなってしまうこともありえます。売上が少しずつ向上してきているのに資金がショートしてしまって廃業になると、負債だけが残ってしまうという状況にもなりかねません。

    対策としては、事前に十分な自己資金を用意して、開業時の借金の額を最小限にすることができます。また資金繰りが難しくなってしまった時のために融資制度を用意しているフランチャイザーもあります。また開業資金が少なくて済むフランチャイザーを選ぶと、開業後の資金繰りが楽になります。

    ただし、開業する経営者として、事業を撤退するラインを事前に明確に決めておくことも重要です。そうすることで後から返済しなければならない負債が増え続ける泥沼に陥ってしまうことを避けることができます。

    フランチャイズ人気業界ランキング あなたにぴったりのフランチャイズ
業界診断
    成功へのカギは業界選びから 人気のフランチャイズ業界ランキング