この業種なら儲かっちゃうかも?低資金で開業OKなフランチャイズを大調査!

成功へのカギは業界選びから 人気のフランチャイズ業界ランキング
低資金で開業できるフランチャイズ大特集 » 自宅で経営?個人事業開業で成功するには » 個人事業におけるフランチャイズ

個人事業におけるフランチャイズ

個人事業で「フランチャイズに加盟する」ということ

フランチャイズ加盟は企業に所属してチェーン店の経営を行うものですが、分類上は個人事業主となります。個人事業におけるフランチャイズとはどのような立ち位置にあるのでしょうか。

フランチャイズは経営ノウハウを教わるのに最適

個人事業主になるのは簡単ですが、運営していくのはとても大変。会社員時代に経営に携わる立場にいたのであれば、それなりのノウハウもあるかもしれませんが、そうでなければすべてが手探り状態。自分の舵ひとつで行く末が決まるのですから、何事にも慎重に対応し、迂闊に判断することはできないでしょう。

そんな個人事業主のリスク回避として注目されているのが、フランチャイズです。フランチャイズとは、チェーン企業に加盟して経営ノウハウを教わったり、本部が開発した商品などを使って経営すると、自立するためのサポートを受けることをいいます。もちろん、これにはロイヤリティ(対価)が発生します。フランチャイズといえばコンビニが有名ですが、他にもダスキンや不二家などさまざまな会社でフランチャイズを導入しています。

たった一人でやるよりはデメリットもリスクも少ない

個人事業主がフランチャイズに加盟することは、経営ノウハウを教えてもらうこと以外にもメリットがあります。

特筆すべきメリットは、そのネームバリューです。仕事を増やすには、まず知ってもらうことが大事。SNSなどの手軽なツールを使って短時間で拡散することはできますが、情報が多い現代では埋もれてしまう可能性も…。それよりも、誰もが知っている知名度の高いブランドを使うことの方が効果的です。見慣れた看板であれば、ほとんどの人が警戒することなく入ってきてくれます。個人事業主としてスタートしたばかりで知名度があるのは、フランチャイズならではの強みでしょう。また、宣伝に莫大な費用と労力がかかりません。チェーン店本部が宣伝することで、それがそのまま加盟店の宣伝になるからです。

ただ、デメリットもあります。フランチャイズに加盟する際、「これくらいは売上としてでるのでは…」なんて予測がされます。が、いざ始めてみると聞いていた売上にははるかに及ばない…なんてことも。同時に、一定領域の商圏保護が約束されていない場合、近所に同じチェーン店が出店するかもしれないといったこともあります。また、加盟元に納めるロイヤリティが高い場合も。

ロイヤリティについてはノウハウの受講料ともいえますし、契約内容は守らなければならないので避けられない出費です。売上予測に関しても、頼りきるのではなく自分で商圏分析をしなければ、いざ独立した時に何もできない人になってしまいます。一定領域の商圏保護については、契約する前にしっかりと確認しておきたいですね。

いずれにしろ、ノウハウがあることと後ろ盾があることは大きな力と安心になります。まったく味方のない一人でやるよりもデメリットは微々たるものですから、少しでも個人事業に不安がある人は加盟しておいた方が安心です。

個人事業についての各情報はこちら>>

フランチャイズ人気業界ランキング あなたにぴったりのフランチャイズ
業界診断
成功へのカギは業界選びから 人気のフランチャイズ業界ランキング