この業種なら儲かっちゃうかも?低資金で開業OKなフランチャイズを大調査!

成功へのカギは業界選びから 人気のフランチャイズ業界ランキング
低資金で開業できるフランチャイズ大特集 » 自宅で経営?個人事業開業で成功するには » 個人事業主の年収

個人事業主の年収

個人事業主の年収の実態とは?

業種、形態によっても千差万別となる個人事業主の年収ですが、注目すべきは収入金額そのものではなく別の部分にあるようです。会社員をやっていてはまず知ることのない、個人事業主の年収について解説しています。

見えないお金で差が出る

個人事業による年収は成功すれば会社員よりも高い金額がもらえるでしょうが、そうでなければ下回ってしまったりと…その年収はバラバラです。ノウハウの差やこれまでの人間関係、そして運なども関係してきますから、一概にはいえないのです。さらに、年収において無視できないのが、会社員は「見えないお金」というのをもらっていること。その分で個人事業主よりも、年収が有利になっているといえます。

まず、仕事で必要とみられた経費。会社員の場合では、使っていようがいまいが給与所得控除が給与から引かれて税金が計算されます。さらに、会社の福利厚生が充実しているところでは、有給休暇という個人事業主にはない制度が。社員旅行や忘年会、社員食堂、健康診断など…そういった恩恵を受けることもできます。 他にも、雇用保険の負担で、職業訓練が受けられたり、会社を辞める際には一定の給与を得られたリ、産前産後の休暇や育児休暇中の社会保険料免除や給付、病気やケガに対しての手当と…仕事以外にも受け取れるお金があるのです。

個人事業主の場合は、一部は経費にすることができても全部ができるわけでないので、そういった面で収入からマイナスになることがあるのです。ちなみに、個人事業主として独立している女性への産前産後の支援はありますが、会社員に比べると劣ってしまっているのが現状です。特に、育休中で働いていなくてもお給料の数パーセントが出るのは大きな差といえるでしょう。

赤字分を補填するサポートがあると安心

こうしてみると個人事業主の方がだいぶ損をしているように思えますが、会社になにかと縛られることが多い会社員に比べれば、仕事面における優位性は個人事業主の方が上です。だからこそ個人事業主として独立しようとするのですが、やはりある程度の保証があった方が安心です。

最初から一人でやるのは不安がある…という場合は、フランチャイズに加盟するのがおすすめです。赤字分を補填するサポートがあるフランチャイズを選ぶと、開業当初の大事な時期を乗り切り、うまく仕事を軌道に乗せることもできるようになります。収入保障をつけているところもあるので、慎重派さんにはぴったりなのです。

個人事業についての各情報はこちら>>

フランチャイズ人気業界ランキング あなたにぴったりのフランチャイズ
業界診断
成功へのカギは業界選びから 人気のフランチャイズ業界ランキング