HOME » フランチャイズで開業を成功するまでのQ&A » 儲かるFCの選び方とは?

儲かるFCの選び方とは?

こちらのページでは、経営がうまくいくフランチャイズシステムを選ぶポイントについて解説しています。

フランチャイズを選ぶためのポイント

どの業種を選ぶか、どのフランチャイズを選ぶかによって、成功するか否かに分かれます。フランチャイズを適切に選ばないと、利益が上がらず、経営が厳しくなってしまいます。

儲かりやすく、成功しやすい業種と言えば、美容・エステ業界です。現在は、男性も女性もお洒落に気を使う人が増えてきており、美容面で節約をする人が減っているからです。そのため、ネイルやまつ毛エクステなど特定の分野に特化し、比較的安価で利用できるサービスを提供すれば、安定した収益が見込めます。

それから、現在のような高齢化社会にあっては、介護業界でのフランチャイズも高い成長が見込まれます。

立地条件の選び方

フランチャイズを開業するのであれば、加盟しようとしている店舗の立地条件を調査することが大切です。顧客を獲得できるか否かは立地条件が大きく左右しますので、これだけはよく調べることが大切です。

特に、近所にライバル店がないかどうかも考えましょう。

それから、出店しようとしている場所の人口や年齢層も重要な要素となります。

若い人向けの店を出す場合、高齢者が多い地域に出店しても利益は見込めません。そのため、お店の特色に合った年齢層の人が多く住んでいる地域に出店することが大切です。

その他、近くにオフィスや学校があるのか、住人の所得水準なども調べられる限り調べておくことも大切です。

加盟料やロイヤリティは適切か?

フランチャイズに加盟するには加盟料が必要です。開業資金は安く抑えることにこしたことはありませんので、加盟料は安ければ資金も抑えることができます。なお、業種により、加盟料が高額にならざるを得ない場合もありますが、同じ業種の相場をチェックするようにしましょう。

相場に対して、加盟料が極端に高かったり、安かったりする場合は、何か問題がある場合が多いので、なぜ相場とかけ離れているのか調査することが大切です。

それから、ロイヤリティの割合によっても収支は大きく変わってきます。ロイヤリティが高く設定されている場合、加盟料が安くても、毎月の収支が厳しくなることが多いです。また、ロイヤリティがゼロの場合、本部から商品や原料を高く買い取らされる場合もあります。ただし、なぜそのようになるのかシステムを明確にしているところは安心です。

それから、指導やサポート制度の有無も重要です。ほとんどのフランチャイズでは事前研修を実施しています。また、経営に行き詰った時に、本部からアドバイスがもらえるかどうかも確認しましょう。

低資金で開業できる
FC厳選集

低資金開業&安定収入が見込めるFCを集めました。

開業費用がどんなに安くても、オープン後の負担や手間・労力がかさんでしまっては、本当に稼げるFCとは言えません。 そこで、低資金なだけでなく開業後も安定した経営が見込める優良フランチャイズを費用毎に厳選しています。 開業後の収支モデルも調べてみましたので、ぜひご覧になってください。