HOME » フランチャイズで開業を成功するまでのQ&A » FC開業までの流れは?

FC開業までの流れは?

こちらのページでは、フランチャイズを開業するまでの流れについて説明します。

資料を請求する

フランチャイズで独立するにはどのような手続きが必要なのでしょうか?

まずは、フランチャイズについて調べ、興味のあるものが見つかったら資料を請求します。インターネットでは、さまざまな広告が掲載されていますし、フランチャイズのサイトも充実しています。

サイトなどを見て、実際に加盟して経営できそうなものを、金銭面からピックアップすると良いでしょう。

説明会に参加する

資料を見て興味を持ったら、そのフランチャイズの説明会に参加します。

説明会では、フランチャイズの特徴や業績、ケーススタディなど、フランチャイズのシステムについての説明があります。また、どのぐらいの収益を得られるのか、フランチャイズオーナーとなるために本部に支払う加盟金・保証金やロイヤリティーについての説明もあります。

中には、フランチャイズオーナーとなって成功した人が直接体験談を披露するケースもありますし、質疑応答などで疑問点を解消できるかもしれません。

もし、フランチャイズでやっていくことに決めたら、申し込みをします。

書類審査と面接

書類や面接で、フランチャイズ加盟の審査を行います。ここでは、開業資金や保証金の支払い能力を見られます。そのためにも資金計画をしっかり立てていくことが大切です。審査に通り、加盟金と保証金を払い込むと、フランチャイズに加盟することになります。

契約内容を吟味し、本当にこのフランチャイズで良いと思ったら契約し、加盟金・保証金を支払い、契約完了となります。

物件や内装の決定

開業の3ヶ月前には物件を決めます。フランチャイズの中には物件探しを手伝ってくれるところもあります。そして、開業2ヶ月前には内装を決定します。

内装を決定するにあたっては、本部と打ち合わせを重ねていきます。これと並行して、スタッフの採用をします。

そして、1ヶ月前には備品など必要なものを発注すると同時に、開業前の研修も行います。それが終わればいよいよ開業となります。

低資金で開業できる
FC厳選集

低資金開業&安定収入が見込めるFCを集めました。

開業費用がどんなに安くても、オープン後の負担や手間・労力がかさんでしまっては、本当に稼げるFCとは言えません。 そこで、低資金なだけでなく開業後も安定した経営が見込める優良フランチャイズを費用毎に厳選しています。 開業後の収支モデルも調べてみましたので、ぜひご覧になってください。