セブンイレブン

こちらのページでは、セブンイレブンのフランチャイズに加盟するために必要な情報についてまとめています。

セブンイレブンに加盟することのメリット

コンビニ・小売業、塾、飲食業、介護サービス、清掃業、エステなど、フランチャイズで開業する方法はたくさんあります。コンビニ・小売業の中でもセブンイレブンの売り上げは突出しており、さらに、他の業界の売り上げに比べても多くなっています。

セブンイレブンの場合、親子で事業を行い、子供が親の事業を継承するケースも多く、これは長期間安定した収入が得られることの証明でもあります。

セブンイレブンの売り上げは、小売業・コンビニ業界でもトップクラスであり、同時に、フランチャイズ業界全体においても加盟店数はトップを誇っています。

将来性

コンビニエンスストアは飽和状態にあると言われていますが、実際に市場規模は拡大してきています。

ある統計でもこのことは証明されており、コンビニ業界は規模を拡大し続け、2014年のシェアは11兆円とまで言われています。その中で、セブンイレブンのシェアは40パーセントを誇っていますので、安定した収入、成長が期待できます。

収益モデル

平均日販 65万5000円
1日の平均来客数 1053名
平均客単価 621円

詳細については、説明会参加者に公開しているとのことです。

セブンイレブンの基本情報

会社名 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
本社所在地 東京都千代田区二番町8-8
加盟金 250万円(契約タイプ:フランチャイズ契約)
契約期間 15年
内訳 Cタイプ/店舗の土地・建物を本部が準備するプラン
研修費 50万円(税抜)
開業準備手数料 50万円(税抜)
開業時出資金 150万円(非課税)

主なサービス

  • 時代に合った商品の開発・販売
  • プライベートブランド商品「セブンプレミアム」の販売
  • セブンカフェの営業
  • 住民票の写しや印鑑証明など受け取れる「行政サービス」など

開業前・開業後のフォロー

加盟を検討している方に対して、セブン-イレブンのシステムをじっくりと説明しているため、十分に納得したうえで加盟することが可能です。説明会への参加から開店まで3~6か月が必要となります。

開店前には、本部研修所で、スクールトレーニング、直営店でのストアトレーニングをそれぞれ5日間受講し、店舗運営のノウハウを習得します。

そして、OFC(オペレーション・フィールド・カウンセラー)による経営相談が受けられ、ここでは開店準備のアドバイスが受けられます。その後は、研修修了証書と店舗のキーを受けとります。

開店後も本部とOFCが経営面についてさまざまなサポートを行っていきます。

低資金で開業できる
FC厳選集

低資金開業&安定収入が見込めるFCを集めました。

開業費用がどんなに安くても、オープン後の負担や手間・労力がかさんでしまっては、本当に稼げるFCとは言えません。 そこで、低資金なだけでなく開業後も安定した経営が見込める優良フランチャイズを費用毎に厳選しています。 開業後の収支モデルも調べてみましたので、ぜひご覧になってください。