現在は、少子化が叫ばれているけれども学習塾の需要は伸びています。公立校ではゆとり教育が行われており、子供の学力も従来に比べて落ちていると言われていて、それを心配した親たちは子供を塾へ通わせる傾向にあり、塾への関心が高まっています。

学習塾の現状と将来性

ある調査によると、半数以上の生徒が学校の授業が面白くないと感じていて、さらに4割の生徒は授業を受けても十分に理解できないと感じているようです。このようなことも塾への関心が高まっている理由となっています。

ゆとり教育が行われる以前は、学校の授業を完璧に理解できれば一流校にも合格できると言われていました。しかし、ゆとり教育では、授業時間が減り、内容も簡略化されているため、学校の授業だけで有名校に進学することは難しいとのこと。また、進路指導も塾任せの学校が多く、塾なしで高校を受験することすら難しいとの声も聞かれます。

本来、塾は学校の授業の補習のために存在し、受験のテクニックも教えていたのですが、現在は学校で教えない内容も塾で教えなければならないのです。

親もそれを望んでいますし、学校の先生の中には「それは塾で教わってください」などと言う人もいるとのこと。また、ゆとり教育が行われるようになって、塾の役割が重大になってきているため、塾の競争も激化してきているようです。

現在の日本は、出生率が低下しており、子供の数も年々減少しています。それにもかかわらず、多くの学習塾や予備校の収益は増加しているとのことです。

ここ数年では脱ゆとりも進んできており、新学習指導要領が出されました。平成24年には小中学校で脱ゆとりを実施し、学習内容が増加しています。そして、今度は学校の授業についていくために塾へ通う子供が増えることが期待されていますし、実際に小中学生で塾に通う子供の割合も高くなっています。

また、塾はコンテンツを提供する業種であり、親は子供にはしっかりした教育を受けさせてあげたいと当然思うので、景気の影響を受けにくいといえます。塾経営に必要な指導力さえあれば、安定した収入が見込めるでしょう。

塾だけじゃない!低資金で開業できる成長分野をチェック>>

学習塾を経営するのに向いている人

ここでは、学習塾を開業するのに向いている人について紹介します。以下に該当する方は学習塾の経営に向いているといえるでしょう。

教えることが好きな人

当然、人に物を教えることが好きな方は、学習塾の経営に向いています。

人の成長に喜びを覚える

子供に教え、子供の学力向上を親と共に喜べる人が学習塾の経営に向いています。

子供の頃、勉強ができた人や努力して学力を伸ばした人

このような方は、勉強のやり方を子供に伝授することができるでしょう。また、勉強がそれほど得意でなくとも、努力した人も子供に教えることに向いています。

特に、自分ができなかったことを分析し、どのようにして上手くいったのかをつかんでいる方は子供の気持ちがよくわかる良い先生になれます。

おすすめのフランチャイズ例

学研エデュケーショナル

加盟金 100万円(税別)
ロイヤリティ 10~15%※年間実績による(高校コースは5%)
事業内容 学研教室事業
FCの特徴

学研では、塾長と2~3名のスタッフで経営を進めていくため、人件費が節約できます。
学研プリントアウトシステム(GPOS)で実績をまとめることで、一人一人の進度や理解力に合わせた授業が実現します。
その他、必要なシステムはレンタル可能で、学研が長年の間蓄積してきたものを利用することができます。

公式サイト http://cai-fc.gakken.jp/

低資金で開業できる
FC厳選集

低資金開業&安定収入が見込めるFCを集めました。

開業費用がどんなに安くても、オープン後の負担や手間・労力がかさんでしまっては、本当に稼げるFCとは言えません。 そこで、低資金なだけでなく開業後も安定した経営が見込める優良フランチャイズを費用毎に厳選しています。 開業後の収支モデルも調べてみましたので、ぜひご覧になってください。