この業種なら儲かっちゃうかも?低資金で開業OKなフランチャイズを大調査!

成功へのカギは業界選びから 人気のフランチャイズ業界ランキング
低資金で開業できるフランチャイズ大特集 » 手堅く儲けるフランチャイズ・おすすめ業界14選 » ネイルサロン業界

ネイルサロン業界

資格を取ったり、器具やスペースを用意したり、なにかと準備が必要なネイルサロンの開業。フランチャイズ加盟ではその負担をどのくらい軽減できるのでしょうか。

ネイルサロン業界の特徴

オシャレ意識が高い人に注目されているネイルサロン。サロンに通っていた人や趣味で始めた人などが、ネイルスクール等に通ってお店を持ち始めるといった流れが一般的によくみられます。技術を身につけてしまえばプライベートでも活躍。自宅の一室をサロンとして活用して起業することもできるので、子育て世代の主婦にも注目されている職業なのです。

ネイルサロン業界の傾向

ネイルサロンの開業には、資格を取得する必要があります。さまざまな資格がありますが、一般財団法人日本ネイリスト検定試験センター主催のネイル技能検定試験が有名。この試験で1級を取得できれば、個人でもサロンを開業するのが難しくないといわれています。

ただ、いきなりサロンを広くというよりも、外のサロンで経験を積んでからスタートするのが安心。経験を積みつつ、開業準備を進めていくのがスタンダードな形です。

自分で店舗を持つ場合、費用の準備や各種手続きで時間がかかってしまうなど、なにかと大変。お客さんを獲得するのも厳しいので、フランチャイズに加盟してスタート時の負担を少しでも軽減するといった方法も取られています。

ネイルサロン業界に加盟する上での注意点

慣れたサポートで安心感はあるのですが、本部の運営方針に沿った業務もあるので、オリジナルティがだしにくい場合もあります。価格設定も決められていることがあるので、契約する前にしっかりと確認しておきましょう。

ネイルサロン業界のメリット・デメリット

フランチャイズに加盟することで、サポートはもちろん低資金で開業をすることが可能になります。材料の仕入れや在庫管理、顧客管理システムなどを提供してもらえることもあり、初めての人でも安心感があります。さらに、レベルアップのための技術習得のサポートをしてくれるところもあるのも魅力。

ただ、本部の運営方針や価格設定が決められているため、オリジナルな部分を取り入れるのが難しいこともあります。また、他サロンとの差別化も図りにくいので、近所におなじチェーン店ができると売り上げを伸ばすのが難しくなります。

ネイルサロン業界の収益モデル例

ティーエヌ

加盟金 30万(その他初期費用あり)
ロイヤリティ 記載なし
事業内容 「30分1,000円」というコンセプトをかかげるネイルサロン
FCの特徴 10席の小さなサロンでもしっかりとお客を呼び込めるノウハウがあり。店舗単独型・サロン併設型でも収益確保を可能にします。

キャンアイドレッシー

加盟金 20万円+看板代3万円
ロイヤリティ なし※別途、経営会費月額1万円
事業内容 高品質ジェルを使用し、最短での仕上がりを実現。気軽にジェルネイルが楽しめます。
FCの特徴 基本のメニューはあるものの、オーナーがメニュー設定をすることも可能。立ち上げから運営まで担当者がサポートし、材料・器具なども格安に提供します。

サンミーゴ

加盟金 180万円
※公式サイトに記載なし
ロイヤリティ なし
※公式サイトに記載なし
事業内容 老舗スクールによるネイルまつげエクステサロン。
FCの特徴 屋号やメニュー、商材も自由。JNA認定ネイルスクールを経営する本部の高レベル研修が受けられ、事業計画書作成、商圏分析、優良物件のコーディネートなどさまざまなサポート体制がそろっています。

最も低資金で開業しやすいフランチャイズ業界を見る>>

フランチャイズ人気業界ランキング あなたにぴったりのフランチャイズ
業界診断
成功へのカギは業界選びから 人気のフランチャイズ業界ランキング