介護サービス

日本では、高齢化社会に突入し、介護施設が不足しています。そのため、介護職は将来にわたって著しい成長が見込まれる分野であります。

介護業界の現状と将来性

介護事業では、報酬の90%が公的機関から支払われます。そのため、介護事業で起業するには都道府県や市町村の許可を申請する必要があります。

そのため、介護事業は貸し倒れのリスクがほとんどないことがメリットとなっています。また、介護の事業形態は一定の形式に決まっているため、その形式に合わせて運営していけば、大きな失敗をすることはないでしょう。このような点があるため、他業種からも比較的参入しやすいと言われています。

2013年の厚生労働省の統計によると、介護事業の多くがプラスの利益を出しているとのことです。 ただし、小規模で一カ所のみで運営している事業所では利益はほとんど出ていないようです。しかし、複数の事業所を持ち、規模が拡大し、回転率が高くなると利益率も高くなります。つまり、介護事業はやり方によっては高い利益率を生み出し、そのためにもフランチャイズに加盟することをおすすめします。

前述のように、介護の仕事は、市場拡大が期待できる成長分野です。そのような事情により、飲食や小売など他業種からもどんどん参入してきており、それと共に、あちこちでオーナー募集をしています。サービスも細分化されてきているため、利用者の需要を見極めてサービス内容を決めることで成功できるでしょう。

介護のほかにも!低資金で開業できるフランチャイズまとめ>>

介護ビジネスに向いている人

人と接するのが好き

介護の仕事は、人間が相手なので、当然、人と接するのが好きでなければ勤まりません。介護は人から感謝される仕事ですが、時には相手から怒られたり、家族から苦情を言われることもあります。そのため、ストレスもたまります。

そのため、上手にストレスを解消できる人、気持ちを上手にコントロールできる人が向いています。

思いやりと忍耐力が必要

人の身体に触れ、話しを聞くことが大切な仕事です。

相手の要望や症状を聞いたり、相手の立場から物事を考えることが大切になります。相手の立場になって物事を考えることは難しいことではありませんが、介護の現場は厳しいので、忍耐力も必要になります。

体力も必要

体位交換や入浴などは体力がなければできません。そのため、精神的にも肉体的にも強くなければ勤まりません。

問題に目を向けることが必要

介護の対象者は、身体が不自由だったり、孤独だったりします。このような人と接するには、その人の話しを聞いてあげることが大事です。この場合、ただ話を聞くだけではなく、物事をしっかり判断して助言し、記録することも大事です。

おすすめのフランチャイズ例

ヒューマンライフケア

加盟金 310万円
ロイヤリティ 6%(上限15万円)
事業内容 デイサービス(通所介護)
ホームヘルプサービス(訪問介護)
ケアプラン作成(居宅介護支援)
小規模多機能居宅介護
グループホーム
有料老人ホーム
FCの特徴

介護保険施行前より在宅介護から施設介護までさまざまな介護サービスを提供してきた実績があります。
長い実績をもとに、近隣事業所との人脈、人材採用、サービス利用者の確保、コンプライアンス遵守といったノウハウを提供しています。
ヒューマンライフケアでは、直営店を中心にフランチャイズ店舗を展開しています。周辺地域への認知度も高く、直営店との連携もスムーズなので、早い段階で店舗運営が安定します。

公式サイト http://hlc.athuman.com/fc/fc/

低資金で開業できる
FC厳選集

低資金開業&安定収入が見込めるFCを集めました。

開業費用がどんなに安くても、オープン後の負担や手間・労力がかさんでしまっては、本当に稼げるFCとは言えません。 そこで、低資金なだけでなく開業後も安定した経営が見込める優良フランチャイズを費用毎に厳選しています。 開業後の収支モデルも調べてみましたので、ぜひご覧になってください。