この業種なら儲かっちゃうかも?低資金で開業OKなフランチャイズを大調査!

成功へのカギは業界選びから 人気のフランチャイズ業界ランキング
低資金で開業できるフランチャイズ大特集 » 手堅く儲けるフランチャイズ・おすすめ業界14選 » コインランドリー業界

コインランドリー業界

共働き、要介護家庭が増え、コインランドリーの需要が高まっています。店舗の融通や機器の故障など、個人では対応しづらいことをバックアップしてくれるフランチャイズ加盟はメリットが大きく、住宅地を中心に店舗が増えています。

コインランドリー業界の特徴

現在において洗濯機がない家はほぼありませんが、一人暮らしや単身赴任の男性などに需要があります。ただ、最近では機器の発達、共働き家庭の増加からファミリー層にも人気がでています。昔とはまた違ったニーズがでてきており、コインランドリー施設の在り方も変わってきています。

コインランドリー業界の傾向

コインランドリーの店舗数は年々確実に増えてきており、厚生労働省による伸び率の発表では5%ほどといった数字を出しているほど。

需要が増えている背景としては、共働きによる女性利用の増加が挙げられます。また、マンション世帯などで、洗濯物が干すスペースが足りないことから利用する人も。コインランドリーは一度にたくさんの量の洗濯物を洗え、乾燥も同時にでき時間短縮になるので、何かと忙しい現代人にはピッタリなのです。

女性の利用客の増加からも、女性専用や女性向けのサービスを展開する店舗も出てきています。洗濯物の量が多いファミリー層向けに駐車場を確保したり、待ち時間を有効に使えるようにしたりと、その環境も大きく変わってきています。

コインランドリー業界に加盟する上での注意点

今後もコインランドリーの需要が伸び続けるとして、フランチャイズによるチェーン展開も増加しています。リピート率をどれだけ確保できるか、増える女性客への対応も重要なものとなります。

また、フランチャイズを選ぶにあたっては、実績はもちろんですが地域密着型であるかどうかも大事なポイント。トラブルが起きた際にすばやく対応してくれるところであれば、それは顧客満足度につながり、集客率にも良い効果をもたらすものとなります。

コインランドリー業界のメリット・デメリット

フランチャイズでコインランドリーをおこなうメリットは、トラブル時の対応力の高さです。個人経営では難しい場面も、フランチャイズであればこれまでのノウハウなどからも適切なアドバイス・解決策をくれます。また、店舗管理や集金なども手間がかからず、あれこれと時間をかけなくてもすむのです。

デメリットとしては、初期投資が高額で機械の設置の必要から間取りも広くないと難しい。堅実なビジネスではあるものの、大きく儲けられる可能性は低く、他店との差別化が図りにくいといったことが挙げられます。

コインランドリー業界の収益モデル例

マンマチャオ

加盟金 なし
ロイヤリティ なし
事業内容 環境配慮型コインランドリー。
FCの特徴 24時間コールセンターによる、遠隔運転での返金システムを採用。アメリカのメーカーから購入した機器を渡すダイレクト販売。初期投資を低くして、成功率を高めます。

アクア

加盟金 プランによって異なる
ロイヤリティ なし
事業内容 IT+ICランドリーシステムによる無人コインランドリーです。日本・ASEAN諸国に事業展開し、国内でも最多クラスの台数を生産している「ハイアールグループ」の統括会社です。
FCの特徴 プランニングから運営までサポート。これまでの店舗導入事例から、繁盛する店作りをおこないます。アフターサービスも全国規模で対応可能。ガス機器の安全認証取得、ITランドリーシステム、カードシステム等あり。

最も低資金で開業しやすいフランチャイズ業界を見る>>

フランチャイズ人気業界ランキング あなたにぴったりのフランチャイズ
業界診断
成功へのカギは業界選びから 人気のフランチャイズ業界ランキング