この業種なら儲かっちゃうかも?低資金で開業OKなフランチャイズを大調査!

成功へのカギは業界選びから 人気のフランチャイズ業界ランキング
低資金で開業できるフランチャイズ大特集 » 手堅く儲けるフランチャイズ・おすすめ業界14選 » 弁当・ケータリング業界

弁当・ケータリング業界

高齢化社会によって、調理そのものだけでなく配達サービスなどの需要も高まっている弁当・ケータリング業界。激化する競争の中で、固有のサービスを打ち出していくことが重要視されています。

弁当・ケータリング業界の特徴

お弁当やケータリングサービスといった食事を提供するサービス。和洋中さまざまなものがあり、なかなか食事をつくれない人、買い物に行けない人などの助けになっています。特にサラリーマンやOLなどのランチには欠かせません。

また、高齢者向けや糖尿病などの病気治療向けのお弁当など種類も豊富で、病気治療のサポートや、宅配になると安否確認にもなるとして、遠く離れた場所に住む家族が依頼することもあります。

弁当・ケータリング業界の傾向

実店舗でのなんでもネットで注文でき、自宅に届けてくれる…それはお弁当やケータリングも例外ではなくなっています。共働き家庭や高齢者の一人暮らし、さらには糖尿病などの生活習慣病による食事コントロールなど、自分でつくるのがなかなか難しい人たちのニーズに応えるものとして、その規模をどんどん広げているのです。

ただ、食に関しては食中毒やノロウィルスなどの懸念材料もあることから、素人が簡単に手を出しいい分野ではありません。専門知識はもちろんですが、衛生面にもついても詳しいのが望ましいもの。そういう意味でも、フランチャイズ加盟したほうが安心感があります。

弁当・ケータリング業界に加盟する上での注意点

競合店がないかどうか、後からどの程度増える可能性があるのかなどはしっかりと確認しておきましょう。また、調理に関しての指導や研修がしっかりしていると助かります。年齢制限や営業時間も決まっているところもあるので、条件や内容を元に実際に開業したらどうなるのかイメージしてみるといいでしょう。

弁当・ケータリング業界のメリット・デメリット

宅配サービスに専念できるだけでなく、食事の調理も不要、小スペース&小投資で開業できるのがメリットといえます。また、販売商品は本部から仕入れるので、購入も確かで商品開発といった手間もかかりません。これまでの営業ノウハウなどの指導を受けられるのも大きなメリットといえます。

ただ、ライバルが増えてきていることからも、首都圏などは激戦区。同業者が乱立するような場所を選ぶと、売上があがりにくく他店との差別化が大変になることも。

弁当・ケータリング業界の収益モデル例

ほっともっと

加盟金 100万円
ロイヤリティ 8万円
事業内容 地域密着型の持ち帰り弁当販売
FCの特徴 均一のサービスが提供できるように、お弁当の調理、接客、マネジメント方法など徹底的にサポートします。

ほっかほっか亭

加盟金 100万円 ※その他保証金150万円、開業準備金2000万円前後
ロイヤリティ 記載なし
事業内容 持ち帰り弁当販売
FCの特徴 ノウハウの提供やブランド・研究開発、原材料の供給などサポート。

日本亭

加盟金 80万円
ロイヤリティ 1万円(北海道地区のみ2万円)
事業内容 創業30年の持ち帰り弁当の老舗チェーン
FCの特徴 経営や販促などサポート。各種弁当メニューの利用ができ、店頭販売や宅配弁当の指導を受けられます。

最も低資金で開業しやすいフランチャイズ業界を見る>>

フランチャイズ人気業界ランキング あなたにぴったりのフランチャイズ
業界診断
成功へのカギは業界選びから 人気のフランチャイズ業界ランキング