低資金開業で安定経営・フランチャイズ儲かるランキング

この業種なら儲かっちゃうかも?低資金で開業OKなフランチャイズを大調査!

初期費用安い=低資金開業
だと思っていませんか?

本当の低資金を見極めろ!
一番儲かるフランチャイズ業界・自腹ランキング

01.

買取業界

  • オーナー利益

    650万円儲かる!

  • 初年度コスト

    300万~650

  • 年収

    1300万円

代表企業

買取大吉

この業界の特徴

鑑定ブースさえあればOK!

鑑定ブースさえ確保されていれば、ごく小さなスペースからでも問題なく開業することが可能です。一度商品を買い取ってしまえば、加盟している企業が換金をしてくれるので、細かい設備などにお金をかけなくてもOK。

在庫を抱える不安がない

鑑定して価値があれば買い取る。あとは加盟元の企業が商品を引き取って換金してくれるので、在庫が店にいつまでも残り続けるといったことがなく、余計なリスクを抱えなくてすみます。

信頼関係が大事

適正価格での買い取りを心掛けること、説明がきちんとできることでお客さんとの信頼を築くことができます。目利きの技術やノウハウはフランチャイザーがきちんと教えてくれるので未経験でも大丈夫。

02.

ハウスクリーニング系業界

代表企業

おそうじ本舗
  • オーナー利益

    460万円儲かる!

  • 初年度コスト

    150万~300

  • 年収

    760万円

この業界の特徴

確かな技術でリピーター獲得

業務用の強力な道具や洗剤を使用するのは当たり前の世界。しっかりとした技術やアフターフォローなどのサービスが肝心です。

世相に合っている

夫婦共働きで満足に掃除をする時間も取れない現代人にはぴったりのサービスで、年々市場規模は毎年30~40億円ほど拡大しています。

意外と資格に厳しい世界

無資格でも業務をするうえでは差し支えありませんが、きちんとした資格や技術がないとなかなかお客さんがつかないことも。

03.

モバイル修理業界

代表企業
iPhone修理ジャパン
  • オーナー利益

    300万円儲かる!

  • 初年度コスト

    70万~300

  • 年収

    600万円

この業界の特徴

スマホは一人1台が当たり前

国内のスマートフォン普及率は約8割といわれています。業界的に今後も順調な成長が見込まれており、安定して利益を確保できる可能性が高くなっています。

未経験でも起業できる

多くの加盟元が研修制度を取り入れていて、未経験からでも技術を習得しています。使用率の高いiPhone、Android、Windows Phoneなどどんな機種でも修理が可能です。

リピーターがつきやすい

実績がモノをいうので、滞りなく修理できれば利用客がリピーターになりやすい業界です。また、下取りや学割など独自のサービスで定期的な収入を得ることも可能。

04.

介護サービス業界

代表企業
フィット&デイ樹楽
  • オーナー利益

    250万円儲かる!

  • 初年度コスト

    175万~950

  • 年収

    540万~1200万円

この業界の特徴

介護保険制度の見直しがある

3年に1回の割合で、介護保険制度の見直しがされています。法律の改正が売り上げに影響を与えることも多いので、情報はつねにリサーチする必要あり。

今後の需要が期待できる

高齢化社会がますます深刻化し、2025年、介護業界の市場規模は15兆円に届くといわれています。訪問介護やデイ・サービスなど、さまざまな形態があり、より需要の高い形態で起業できます。

複雑な手続きが多い

報酬の9割が公的機関から支払われる介護事業では、煩雑な手続きをこなさなければならないことも。介護についての専門的な知識だけでなく、事務処理についても理解が必要です。

05.

弁当ケータリング業界

代表企業
ほっともっと
  • オーナー利益

    120万円儲かる!

  • 初年度コスト

    100万~300

  • 年収

    420万円

この業界の特徴

付加価値の高いサービス

さまざまなニーズに応えるため、ただ食事を作るだけでなく、高齢者向けの素材や食事療法に適したメニューなど、付加価値のあるサービスの提供が増えています。

販売戦略の多様化

個人宅のデリバリーに特化せず、コンビニやスーパーなどへの宅配サービスを提供し始めている企業も。潜在的な需要について伸びしろがあり。今後も経営戦略の多様化と、競争の激化が予想されています。

交通状況に左右されやすい

配達時は車やバイクで移動するため、交通事故や配達先の間違いなどのトラブルが多く、対策やクレーム処理へのスキルが問われます。また、配達エリアの道路状況から強く影響を受けます。

06.

ネイル業界

代表企業
ティーエヌ
  • オーナー利益

    100万円儲かる!

  • 初年度コスト

    500万~

  • 年収

    600万円

この業界の特徴

立地条件によって集客が容易

アクセサリー感覚で楽しむ人も多く、駅などのショッピングでにぎわう場所であれば看板ひとつで集客できることも。付近にアパレル店や化粧品店などがあれば、相乗効果で自然に立ち寄るお客さんも増えます。

開業スタイルはさまざま

テナントに入って開く方法、マンションや自宅の一室、間借りした賃貸など、さまざまな場所で開業することができます。内装にそれなりの資金は必要ですが、基本的にどんなスペースでも可能です。

主婦やママさんの開業が増加

自宅で開業でき、趣味から仕事へと発展させられるので、自由に外出できない子育てママや主婦などの在宅ワークとしても人気です。ただし、素人臭さを出さないイメージ戦略が重要になります。

07.

コンビニ業界

  • オーナー利益

    -80万円損する…

  • 初年度コスト

    250万~500

  • 年収

    420万円

代表企業
セブンイレブン
この業界の特徴
飽和状態だがオーナー不足

顧客獲得が激化している業界ですが、経営の悪化やオーナーの高齢化による離脱も多く見られます。また、経営合併などで寡占化が進み、それに伴ってサービスがかなり多様化してきています。宅配便の受け取り・地域の特産品の取り扱い・カフェスペースの設置と、それぞれの企業の特色を活かしたサービスが展開されています。

08.

学習塾業界

  • オーナー利益

    -340万円損する…

  • 初年度コスト

    950万~

  • 年収

    610万円

代表企業
トライプラス
この業界の特徴
通学はじめの低年齢化が進む

少子高齢化によって全体の生徒数の減少が心配されていますが、逆に子供一人ひとりにかけられる教育費は上昇傾向にあるため、顧客獲得の機会はむしろ増えています。
また、脱ゆとり教育の意識が高まっていることで学習塾の低年齢化が進んでおり、未就学児からの生徒の受け入れが積極的におこなわれています。

09.

ラーメン屋業界

  • オーナー利益

    -300万円損する…

  • 初年度コスト

    500万~1500

  • 年収

    1200万円

代表企業
らあめん花月嵐
この業界の特徴
独自の味があるかないかで決まる

男女問わず人気の高い食文化として、競争が激化しています。個人で起業するためには独自に味の開発が必要ですが、フランチャイズ加盟ではのれん分けという形でブランドの味や技術を教えてもらえるので、未経験でも効率的に開業することができます。

10.

スマートフォン販売業界

  • オーナー利益

    -380万~110万円損する…

  • 初年度コスト

    10万~400

  • 年収

    120万円

代表企業
エックスモバイル
この業界の特徴
新規開拓の余地があり

スマートフォンが世間に普及する中で、注目を集めている格安SIMをはじめ、多様なサービスの形を提供しています。自由度が高く料金も安く抑えられるので、スマホは高いとして敬遠していた人の取りこみが期待できます。

11.

マッサージ業界

  • オーナー利益

    -400万円損する…

  • 初年度コスト

    500万~1200

  • 年収

    800万円

代表企業
Re.Ra.Ku
この業界の特徴
利益確保のため固定給設定も

大手になると、業務委託ではなく雇用保険や社会保険まで完備のうえ、固定給を出しているところもあります。海外のものと比べると伝統や歴史といった点で差が出てしまうこともあり、人気を獲得するのは難しい面も。

12.

コインランドリー業界

  • オーナー利益

    -925万円損する…

  • 初年度コスト

    1400

  • 年収

    475万円

代表企業
マンマチャオ
この業界の特徴
客層の変化に合わせた快適さが重要

共働き社会への移行により、独身男性だけでなく、ファミリー層・女性の利用客が増えてきており、ただ単に洗濯&乾燥ができればいいという場所ではなくなってきています。洗濯をしている間に受けられるサービスや付加価値の差別化が注目されています。

13.

美容・エステ業界

  • オーナー利益

    -1140万円損する…

  • 初年度コスト

    100万~1500

  • 年収

    360万円

この業界の特徴
設備や内装も重要な集客ポイントに

駅周辺や住宅地などの人が多く集まるスポットに密集して店舗展開されることが多く、競争率が高い傾向にあります。店舗の見た目のよさがそのまま集客につながることも多いので、設備や内装に好感の持てるセンスやコンセプトが必要です。

14.

マンガ・ネット喫茶業界

  • オーナー利益

    -1500万~-3700万円損する…

  • 初年度コスト

    2800万~5000

  • 年収

    1300万円

代表企業
ランシステム
この業界の特徴
最初の準備が肝心

若者を中心として幅広い層の利用客を持ちます。マンガやインターネット環境を用意するだけでなく、一人の時間をどれだけ楽しませるかがポイントに。初期投資が高額になるものの、開店後はそこまで費用はかかりません。

※こちらで掲載しているコストや利益は、それぞれの業界でいくつかの代表企業の平均から算出したおおよその数字です。
各業界に属するすべての企業が画一的にこの結果になるわけではありませんが、ご自分の希望する経営方針と照らし合わせて、ぜひ参考にしてみてください。

資金予算別
あなたにぴったりの業界を知る

フランチャイズに加盟して起業するには、どれくらいの予算が必要なのでしょうか?ここでは、開業するのに必要な費用から各種業界を分けてみました。いくつかの業界で迷っている場合は、開業資金から比較してみるのもよいでしょう。開業資金の用意が難しいのであれば、事業者用のローンを使う方法もあります。

【関連記事】資金に困ったら?事業者ローン徹底比較

手堅く儲けるフランチャイズ
おすすめ業界14選

  • 買取業界

    一人でも開業可能で、在庫リスクが少ない業界。利用客からブランド品を買い取った時点でほぼ利益が確定しているともいえます。数あるフランチャイザーの中でも、換金のシステムやキャッシュフローがしっかりしているところを選ぶとよいでしょう。

  • コンビニ業界

    フランチャイズの定番ということもあり、競合店が発生しやすい業界。それゆえに立地条件はとても重要なポイントで、経営そのものが左右されてしまうほどです。

  • マッサージ業界

    利用客の体に直接触る業務のため、よく知らない個人店よりも知名度の高いフランチャイズの方が集客しやすい傾向にあります。マッサージ自体が何回も通う必要のあるものなので、リピーターの獲得も比較的容易です。

  • 学習塾業界

    少子化とはいえ、脱ゆとり化で需要が高まっている分野。今後の早期英語教育とプログラミングの必修化など、ますます低年齢化する兆しが見られます。

  • モバイル修理業界

    世間的にエコへの意識が高まっていることや、スマートフォンの普及率増加に起因して、ここ数年での需要がとても高い業界です。とはいえ、1件1件の収入額が少ないため、コツコツと地味に周囲の信頼を勝ち取っていくことになるでしょう。

  • ネイル業界

    自宅で開業できる気軽さから、子育て主婦などを中心に人気が高まっているネイルサロン。そのため、集客を狙うなら個人よりもフランチャイズの方が有利です。

  • 美容・エステ業界

    フランチャイズに加盟することで、費用がかかりがちな設備投資や宣伝、求人などが抑えられるといったメリットがあります。ただ、経営についての縛りが強い傾向にあるので、自由度はちょっと低いかもしれません。

  • ハウスクリーニング業界

    核家族化や共働き家庭の増加で、需要が増えている業界。フランチャイズに加盟することで、技術や設備などのサポートが期待できますが、離脱した後の独立が許されていないことも。

  • コインランドリー業界

    昼間、なかなか家にいられないといった一人暮らしや共働き家庭の増加で、客層が広くなってきている業種。設備が大きく費用もかかるので、フランチャイズに加盟する方が安上がりです。

  • 介護業界

    高齢化社会といわれているだけであって、その需要は安定した高まりを見せています。煩わしい事務手続きが多いので、フランチャイズに加盟してサポートを受けた方が業務をスムーズにこなせます。

  • 弁当・ケータリング業界

    単にお弁当を作るのではなく、高齢者向けや病気治療に合わせたメニューなど、目的に合わせたお弁当も増えています。フランチャイズ加盟することでメニュー開発などの手間がなく、業務に集中できます。

  • マンガ・ネット喫茶業界

    若者層をターゲットにした、複合カフェ的な存在。リラクゼーション効果も合わせた店作りなど、コンセプト設計が大事となります。フランチャイズに加盟することで、一番重要な店作りが効率的に進められます。

  • スマートフォン販売業界

    今や国民の半数以上が持っているスマートフォン。しかしフランチャイズ自体の参入は少なく、年数も浅いので成長業界といえます。今後、さらに上がっていくであろうスマートフォン普及率もあわせて、業界全体の動きが気になるところ。

  • ラーメン業界

    味の独自開発が必要となるので、未経験の場合はフランチャイズ加盟の方が有利。そのブランドの味を提供してもらえるほか、知名度も高いので集客も容易になりますが、オリジナリティを出すのは難しいかもしれません。

自宅で経営?
個人事業で成功するには

個人事業主と会社員は大きく異なりますので、始める前にはしっかりとリサーチする必要があり。届け出や税金など、よく知らないで適当に始めてしまうと税務署からお叱りを受けることも。また、気軽にできるとはいえ個人事業主になるリスクも踏まえておかないと、事業だけでなく生活さえも危うくなってしまいますので、最初のリサーチは徹底しておこなうようにしましょう。

省スペース・少人数で開業!
副業に適したスモールビジネス

フリーランスやノマド族の新しい働き方、副業の形として近年注目を集めているスモールビジネス。起業家や事業主だけでなく、主婦層からも注目されています。自由度が高いゆえのリスクもありますが、成功させられるかは、働き手のやり方次第。思わぬところにチャンスがあるスモールビジネスについてくわしく説明しています。

  • スモールビジネスの
    種類

    スタイルを選べる新たな働き方の形。家事などで身動きを取りづらい主婦にも注目されています。アフィリエイト・ブロガー、ニッチ産業、コンサルタント、オンライン事業とさまざまな種類があります。

  • スモールビジネスの
    成功事例

    スモールビジネスは自由に自分がやりたいことを表現できる場所でもあります。それが世間のニーズと一致すれば強力なビジネスになります。人と違う目線で見ることで成功した事例を紹介します。

  • スモールビジネスの
    メリット・デメリット

    手軽に始められるスモールビジネスですが、よいことばかりではありません。自由度が高い代わりに、安定性に欠けるといったデメリットも。こうした働き方にとってリスク対策は必要不可欠なのです。

  • スモールビジネスと
    フランチャイズ

    スモールビジネスでは、すべてが自己責任となります。リスクを少しでも低下させるために、フランチャイズに加盟という方法も。成長しているビジネス手法を買うのもひとつの成功の形です。

  • スモールビジネスの
    コツ

    スモールビジネスでは、なによりも時間の使い方がとても重要になります。また、臨機応変に他人と違った目線、つねに最悪を想定して準備しておくことなど、企業勤めとは異なる対応力が必要です。

流行のネットビジネス、
起業して本当に儲かるのか

「ネットは万能」といってももはや過言ではなくなった現在において、副業の形として人気のネットビジネス。パソコンひとつあればいつでもどこでも始められますが、もちろんチャンスばかりではありません。実店舗とのキャッシュフローの違いや成功・失敗のパターンなどを紹介しています。

独立に最適なフランチャイズ業種の選び方

フランチャイズ人気業界ランキング あなたにぴったりのフランチャイズ
業界診断
成功へのカギは業界選びから 人気のフランチャイズ業界ランキング